試合は常に1番最悪な展開を想定して準備しておく

試合は常に1番最悪な展開を想定して準備しておく

《〜はじめ〜》

これは高校生の時から僕の中にしみついている感覚です。

対人競技は自分が思い描いた理想通りの展開になることはほぼ無いと言っていいです。

だから普段の練習から最悪なシチュエーションになったときの準備をしておくことが必須です。

具体的にどんな準備をすれば良いのか?

いくつか例をあげてみます

【例】

①団体戦においてチームが負け越した状態で自分に試合が回ってきたときにどういった戦い方をすればいいのか。

②個人戦で先にポイントをリードされてしまった時にその後の試合をどう展開していくのか。

《〜せつめい〜》

①団体戦においてチームが負け越した状態で自分に試合が回ってきたときにどういった戦い方をすればいいのか。

僕は学生時代

団体戦においてほぼ副将か大将というポジションを任されてきました。

副将や大将は自分の試合の結果でチームの勝敗がほぼ決定する大事なポジションです

力が拮抗しているチーム同士の対戦だと

なおさら前半で勝負が決まることがなく

後半までもつれることが大半でした

そんな時に僕は

チームが今どんな状況なのか細かく把握していなきゃいけなかったし

自分は試合でどんな戦い方をすれば良いのか

ある程度の道筋は考えておく必要がありました

そういう時の僕の精神状態はだいたい決まっていて

『100%チームが負けた状態でオレに回って来る』

と常に思っていました。

これが不運にもだいたい現実になります😅

それをひっくり返してチームを勝利に導かないといけない訳ですから

いつもそれなりの準備をしていました

準備していた精神状態は

だいたい下記の2パターンが多かったです

☆チームが負けていれば試合開始直後から攻撃的な姿勢で攻めていく

☆自分が引き分けてチームが勝ちならある程度反則は取られないように無理はせず試合を進めていく

このことを普段の稽古から頭に入れて徹底して練習していたので

結構チームが苦しい場面で逆転したり

僕でしっかりチームが勝利するという機会をたくさん作ることができました

やはり普段から練習していたり

準備していないと試合ではなかなか力が発揮できないので

試合で勝ちたい人はしっかり準備しておきましょう

②個人戦で先にポイントをリードされてしまった時にその後の試合をどう展開していくのか

②では例を挙げます

☆相手に先にポイントをリードされたとき

☆自分が先にポイントをリードしたとき

☆スコアが5分5分で試合が進んでいるとき

この3パターンの時の戦い方はしっかり準備しておきましょう

柔道はルールがある競技なのでルールをしっかり理解していないと勝てません

逆にいえば柔道が弱い選手でも

ルールをしっかり理解して上手に戦えば

技がめちゃくちゃキレる選手とか普段練習で敵わないような選手にも勝てるチャンスは出てきます

だから試合は何があるか分からない

『強いやつが勝つのではなく勝ったやつが強い』

このことも覚えておきましょう。

柔道が普段弱くても試合で勝てばOKです🙆‍♂️

《〜まとめ〜》

主に柔道を例に出して準備のことについて記事を書いてきましたが

『最悪な展開を想定して準備しておく』

というのは柔道だけではなく

普段の生活にも生かせる考え方でもあります

例えば

・とんでもない自然災害がおきてしまった

・大きな事故に巻き込まれてしまった

などのハプニングに対してしっかり準備しておけば

毎日の生活も

もう少しだけ安心して生活できるようになるかもしれませんね😊

《〜おしまい〜》

Always prepare for the worst possible game

“~Begin~”

This is the feeling that I’ve been clinging to since I was in high school.

It’s safe to say that interpersonal competitions are unlikely to develop as ideally as I imagined.

Therefore, it is essential to prepare for the worst situations from regular practice.

What kind of preparation should be made specifically
Here are some examples

[Example]

(1) What kind of fighting should be done when the team is overwhelmed in a team competition and the game comes to me?

② How do you develop the subsequent games when points are first led in individual games?

《~Setsume~》

(1) What kind of fighting should be done when the game comes around to me with the team losing in the team battle?

When I was a student, I had been assigned the position of Vice Admiral or Admiral in team competitions.

Vice generals and generals are important positions in which the outcome of their game determines the outcome of the team.

It’s a match between teams whose strengths are
Furthermore, the game was not decided in the first half

Most were entangled until the second half.

At that time I
I had to know in detail what the team was doing right now

What kind of fight should I do in a match?
It was necessary to think about a certain route.

My mental state at that time was almost fixed.

“100% of the teams come to me after losing”

I always thought.

This unfortunately becomes a reality.

You have to turn it over and lead the team to victory.

I was always preparing myself.

The mental state I was preparing
There were mostly the following two patterns

☆ If the team loses, it will attack with an aggressive attitude immediately after the match starts

☆ If you draw and the team wins, do not force yourself to proceed to the match so that you will not take any offense

Since I practiced this thoroughly from my daily practice, I could reverse it in a difficult situation.

I was able to create many opportunities for the team to win.

After all, if you do not practice or prepare normally, you will not be able to demonstrate strength in the game
Those who want to win should be well prepared.

② How do you develop the subsequent games when points are first led in individual games?

② I will give an example

☆ When the opponent leads the point first

☆ When you lead the point first

☆ When the game progresses with a score of 5 minutes 5 minutes

Be sure to prepare how to fight during these three patterns.

Judo is a game that has rules, so if you don’t understand the rules, you won’t win.

Conversely, even for players with weak judo
If you understand the rules and fight well

There will be a chance to win even players whose skills are very sharp or who do not usually compete in practice.

So I don’t know what the match will be.

“The strong one wins. But the one who won is stronger

Keep this in mind too.

Even if Judo is usually weak, it is OK if you win the game 🙆‍♂️

<< ~ Summary ~ >>

I’ve written articles about preparations, mainly using judo as an example.

“Prepare assuming the worst development”
Not just judo

It is also a way of thinking that can be applied to everyday life

For example

・A ridiculous natural disaster has occurred

・I was involved in a big accident

If you prepare carefully for such happenings

Everyday life
You may be able to live a little more peace of mind 😊

《~End~》