33.体重を増やした方がいいのか疑問を抱いている選手へ

体重を増やした方がいいのか疑問を抱いている選手へ

結論を知りたい人は②に飛んじゃって大丈夫です👍

①は過去に僕が無理矢理体重を増やした体験談です。

《〜はじめ〜》

①体重を無理矢理10kg増やした高校時代

②1番の理想は自分が動きやすい適正体重

《〜せつめい〜》

【①無理矢理10kg増やした高校時代】

僕は高校1年生のインターハイの個人戦の時には当日の計量で90.2kgしかありませんでした。

試合が終わった後には88kgくらいまで落ちてしまっていたと思います。

じゃあ90kg級でやれば良かったのですが

当時まったく実力が敵わない吉田優也という先輩がいたのと

団体戦は重い方が使ってもらえるだろういう考えで100kg級を選びました。

それから1年生の夏が過ぎたあたりから

さすがに100kg級なのに10kgも足りていないのはパワー不足だと思って体重を増やそうと思いました。

当時、東海大相模の寮のごはんはあまり美味しくなくて野球部と柔道部のみんな

なかなか栄養をしっかり取れなくて大変でした。

なので僕は食事じゃなくてプロテインで増やそうと思い

1日に5回から6回に割けて400mlほどのプロテインを脂質の高い牛乳と一緒に飲んでいました。

牛乳が無いときは100%オレンジジュースなどの糖質が高い飲み物と一緒にプロテインを飲みました。

それをしばらく続けていたら

高校2年生になるくらいには98kg〜100kgくらいの体重になっていました。

結果、

パワーは増えたし体の感覚もそんなに悪いと感じたことはありませんでした。

高校2年生のインターハイはベスト8で負けてしまいましたが

体はだいぶ成長していました。

【②1番の理想は自分が動きやすい適正体重】

若い世代の選手に

『体重が増えなくて悩んでいる』

という質問を結構いただきます。

そんな選手に伝えたいことは具体的にはこの2つです。

⑴世界トップクラスで将来戦いたいなら自分が動きやすい適正体重で今から戦った方がいい。

だから無理して体重を増やさないで。

⑵高校日本一や学生日本一を目指している選手。体重を増やすことで目先の目標が達成できる選手は体重を増やせばいいと思う。

でもその後の国際大会のトップレベルで戦っていけるのかということに関しては謎。

です。

僕のハナシを例に出しますが

①で高校時代のハナシをしたように僕は無理矢理10kg体重を増やしました。

当時の僕はオリンピックチャンピオンや世界チャンピオンになりたいなんて思っていませんでした。

その時の僕の目標は高校の個人戦と団体戦で日本一になることでした。

だからその目標のために体重を増やしたのは正解でした。

実際に目標も達成できました。

でも本来なら僕の身長で世界で戦うために適正な階級は-90kg級だったなと今は感じています。

-100kg級だと国際的にみると僕はだいぶ小さいと方です。

だから高校時代

先輩が強い&団体戦のレギュラーになりたいという目先の目標で体重を増やしたことを今の年齢になって少し後悔しています。

当時から世界のトップクラスで戦うという目標があったなら絶対に-90kg級で戦っていました。

でも僕にはその度胸が無かった。

今はそれでも-100kg級で勝つためにいろんな工夫をして勝負しているので全然ストレスとかにはならないですけど😁

ただそうしておけば良かったなということと

今悩んでいる人がいたら知っておいた方がいいかなって思っています。

あなたが今おかれている環境と

これからあなたがどれくらいの目標設定をするのか。

ここをポイントに自分自身の今の体重と向き合ってみるのはいかがでしょうか😊☝️

《〜おしまい〜》