25.前十字靭帯を切らないように気を付けた方がいいこと

前十字靭帯を切らないように気を付けた方がいいこと

~はじめ~

①しっかりと体を温めてから運動をする

②集中力が無いときは激しい稽古は控える

~説明~

【①しっかりと体を温めてから運動をする】

僕が最初に前十字靭帯を切ったのは大学3年生の冬でした。

別の怪我で練習をしばらく休んでいて、その日は久しぶりの練習でした。

冬場ということもあり、あまり体が温まっていない状態で+100kg級の

レギュラークラスの選手との乱取り稽古中に、大外刈りを掛けられて、耐えた際に膝が

「パコンッ!」と

延長コードでも切れたのかと思うような音がなりました。

でも痛みは無かったのでそのまま稽古を続行しましたが、軽い技を掛けられただけで

膝の力がガクッと抜けてしまい、これはやばいなと直感で分かりました。

でも初めての出来事だったのと、あまり膝のケガに対して知識がなかったので

テーピングを巻けば練習はできるだろうと思って、2カ月くらいその膝の状態で

全日本選手権の東京都予選に出場するために練習をしてしまいました。

でも膝が緩すぎて怖くて一切技に入れず、結局出場した予選も一回戦敗退で、試合になりませんでした。

そこで膝の手術をしようと決めました。

冬場などは本当に入念に体を温めた方がいいです。

冷えは人の体にとって非常に良くない現象です。

しっかりと体を温めることによって別の部位のケガも防ぐことにつながります。

【②集中力が無いときは激しい稽古は控える】

僕が靭帯を切ったその日は肉体も精神的にも非常に疲れている状態でした。

自分ではケガにも注意をしていたし、集中していると思っていても、そういう状態の時って

体の反応がいつもより遅れたり、考える判断が鈍ってしまいます。

疲れている状態からでも自分を奮い立たせて稽古をすることは非常に大事な要素でもありますが、「どうしても今日は集中ができないな」と感じたら、柔道の練習以外でも

自分のことを追い込むことができるようなトレーニングに切り替えたり、あまり強くない選手と練習をしたりと考え方を切り替えることも大切です。

そこが割り切れないと、また怪我をしてしまうリスクは上がります。

ここのバランスは非常に難しいと思っています。何が正解かも分かりません。

いろんな選手の考え方があるので。

ですが怪我をしたら結局、試合に出場出来なくなってしまうので

練習ができない苦しさをとるのか、試合に出場できない苦しさをとるのか。

選手個人での判断が非常に大切です。

また、部活動で競技を行っている場合や、学生を指導している監督やコーチの場合、

選手が怪我をしないようにそういったリスクを回避するように導いてあげることも

大事だと思います。

~おしまい〜

It is better to be careful not to cut the anterior cruciate ligament

~Beginning~

① Exercise warmly after warming your body

② Refrain from intense training when you are not focused

~Explanation~

[① Exercise after warming your body firmly]

The first time I cut the anterior cruciate ligament was in the winter of the third year of college.
I had been resting for a while due to another injury, and it was the first practice in a long time on that day.
Because it’s winter, the body isn’t so warm
When I was able to endure being cut off by Ogai while practicing randomly with regular class players
Knees
“Pakontsu!”
There was a sound that made me wonder if the extension cord also broke.
But I didn’t have any pain, so I continued the lesson, but only a light technique was applied.
so
The power of my knees fell out suddenly, and I intuitively understood that this was dangerous.

But it was my first time and I didn’t know much about knee injury
I thought that I could practice if I wrapped taping, so with my knees for about two months
I have practiced to participate in the All Japan Championship Tokyo qualifying.

But my knees were too loose and I was scared so I couldn’t do anything at all.
To
Didn’t become

So I decided to have a knee surgery.

You should really warm your body in the winter.
Chilling is a very bad phenomenon for the human body.
By heating your body firmly, you can prevent injury to other parts of your body.

[② If you are not focused, refrain from intense training]

The day when I cut the ligament, I was very physically and mentally tired.
I was paying attention to my injuries myself, and even if I thought I was concentrating
When
The reaction of the body will be delayed, and the decision to think will be slow.

Even if you are tired, it is a very important factor to exercise yourself and practice
Also
Yes, but if you feel like “I can’t really concentrate today,” except for practicing Judo
Also
Switch to training that helps you keep yourself in control,
Not
It is also important to practice and exchange ideas with the athletes.

If it is not divisible, the risk of injury again increases.
I think the balance here is very difficult. I don’t know what the correct answer is.
Because there are various ways of thinking of players.

However, if you get hurt, you won’t be able to compete in the match.
Do you have the difficulty of not practicing or the difficulty of participating in the match?
It is very important for each player to make a judgment.

Also, if you are playing a club activity, or if you are a coach or coach who is teaching students.
If
We can also guide players to avoid such risks to avoid injury.
I think it’s important.

~End~