11.小野俊教コーチの存在

小野俊教コーチの存在

先週の三冠を達成した際の記事【高校柔道三冠を達成した時のチームの雰囲気】で小野コーチについて触れたので、今日は小野コーチについてブログを書きます。(ここからはトシノリ先輩と略します)

〜トシノリ先輩〜

トシノリ先輩が東海大相模柔道部のコーチをするようになったのは、僕が高校2年生の中盤くらいからだったと思います。

トシノリ先輩も東海大相模柔道部のOBで、トシノリ先輩が高校時代の相模柔道部も高校二冠を達成していました。

当時、トシノリ先輩は全日本選手権で入賞するほどの実力があった選手でした。

年齢は10コくらい違うのかな。

トシノリ先輩は僕達にとにかく優しかった。

そして気配りが最強の人だった。

みんなで外食に行った際の水の用意とか1番トシノリ先輩が早くて、いつも「お前らがやるべきだろ」と怒られていた。目上の人に対するマナーやモラルは当時、全てトシノリ先輩から学びました。

普段の練習も高校生の僕達とガンガンやっていました。

〜トシノリ先輩が来てから変わった雰囲気〜

①【技術について考える時間】

②【今の環境を楽しく過ごす】

トシノリ先輩が来てから普段の練習には新しいスパイスが加わった印象があります。

それまでの相模はとにかく毎日きつい練習ときついトレーニング。

でしたが、

トシノリ先輩はそこに

①【技術について考える時間】をプラスしてくれました。

例えば総監督・監督がどちらも不在でトシノリ先輩だけの練習の時などは、その日の練習に【対戦相手の研究の仕方】や【組み手の研究】【技の研究】を多くしてくれました。

初めて【考える柔道の面白さ】みたいなものをトシノリ先輩から教えてもらいました。

それが三冠達成に非常に大きなプラスの要素になったと思っています。

当時の全日本トップクラスの選手から技術を教えてもらえる訳ですから当時の僕達はラッキーでした。

あとは②【今の環境を楽しく過ごす】ということも学びました。

高い目標を求めて生活していると、その組織の雰囲気は、少し張り詰めた空気というか緊張感がありますが、そんなときにトシノリ先輩は僕達生徒を気分転換にプールに連れていってくれたり、練習の後は少しみんなでふざけて遊んだり(ブログ内で書けないようなこともありました笑)。

毎日きついこともたくさんあるけど、楽しいこともたくさんあって。

なんか歳の離れた頼れるお兄ちゃんのような存在でした。

とにかく僕達を飽きさせなかった。

よく選手達のことも観察してくれていたと思う。

〜そして三冠〜

トシノリ先輩が来てくれてちょうど1年後、僕達は三冠を達成しました。

ですが、インターハイはそんなに甘いものではなかったとトシノリ先輩とよく話をします。

決勝戦の国士舘戦。

(相模)-(国士舘)

 穴井 ×    佐藤

○羽賀 -     田中

   豊田    –     住谷○

 藤井 -     上杉○

?高木 -     春山?

こんな感じで、2点後半に逆転されてからの僕と春山選手の対戦。

とにかく必死に自分の柔道を出すだけだと心の中では思っていました。

でもラスト1分を切っても僕は春山選手から一つもポイントが奪えなかった。

本当によく研究されていた。

ラスト1秒で僕は大内刈で技有りを取れたのですが、ラスト5秒を切ってからは国士舘の応援席から勝利へのカウントダウンすら始まっていた。

トシノリ先輩はよくその瞬間のハナシをしてくれます。

当時、高校の監督は高橋洋樹先生。

総監督の林田先生は来賓席に座らないといけなくて、直接試合を近くで見ることができず、アドバイスができないので、間にトシノリ先輩が入ってくれて、総監督から監督への伝言役をしてくれていた。

トシノリ先輩は最後まで諦めていなかったらしいのですが、試合が終わるラスト12秒で1度【待て】がかかったところでトシノリ先輩が伝言を伝えるために、林田先生を見たら顔面蒼白で肩の力が抜けていたそうです。

見たことのない林田先生の顔にトシノリ先輩も言葉がでなかったと言っていました。

僕のその瞬間の記憶は、『このままでは試合が終わってしまう!何か最後に一発技を掛けなければ!』と焦っていたのを覚えています。そして本当にたまたま出した僕の足が、春山選手の足になんとか引っかかったという感触でした。

これからのエピソードはたぶん誰にも話をしていないので、僕しか知らないと思いますが、実はトシノリ先輩の研究の時間に【柔道っていろんな練習の仕方があるなー。】と僕は学びました。今の自分の柔道の根幹にあるものですね。

だから当時の練習中たまーに、本当に気まぐれで、【ラスト1秒で投げる練習】をしていたんです😅

それを試合で狙って出せたとはまったく思いませんが。。。

残り時間に反応して自然と体が動いたのかもしれません。

日々の稽古って大事だね。

本当にトシノリ先輩から学んだことは多過ぎました。

現在はトシノリ先輩は柔道着の会社を立ち上げ、世界を飛び回り柔道着を世界中の柔道をしている子供達に届けています。

オーストラリアの方で許可がでれば、国際大会で僕が着る柔道着は絶対にトシノリ先輩の作った柔道着が着たいです😊

Existence of Toshinori Ono coach

I touched on Coach Ono in the article about the achievement of the triple crown last week [The atmosphere of the team when he achieved the high school judo triple crown], so today I will blog about Coach Ono. (From this point on, it is abbreviated as Toshinori Senpai)

~ Toshinori Senpai ~

I think it was around the middle of the second year of high school that Toshinori started coaching the Tokai University Sagami Judo club.

Toshinori was also an alumnus of the Tokai University Sagami Judo club, and when Toshinori was in high school, the Sagami Judo club had also won the high school double crown.

At that time, Toshinori was a player who had the ability to win the All Japan Championship.
I wonder if their age is about 10 different.

Toshinori was kind to us anyway.
And he was the strongest person.

When everyone went out to eat out, the water preparation and No. 1 Toshinori were so quick that I was always angry that “you should do it.” At that time, I learned all manners and morals for superiors from senior Toshinori.

I practiced everyday with high school students.

~ A unique atmosphere since seniors came ~

① [Time to think about technology]

② [Enjoy the current environment]

I have the impression that new spices have been added to my daily practice since Toshinori seniors came.

Until then, Sagami had to practice hard and work hard every day.

It was,

Toshinori is there

① Plus [time to think about technology].

For example, when both the general manager and the director are absent and only Toshinori is practicing, you can increase the [opposite research], [kumite research], and [technical research] to practice on that day. It was

For the first time, I was taught by Toshinori-senpai about something like [thinking Judo].

I think that has become a huge positive factor in achieving the Triple Crown.

We were lucky because at that time all the Japanese top class players taught us the technology.

After that, I also learned (2) [Enjoy the current environment].

When living in pursuit of high goals, the atmosphere of the organization is a little tense air, or there is a feeling of tension, but at that time Toshinori seniors take us to the pool for a change , After the practice, we played around with each other a little (laughs).

There are lots of hard days, but lots of fun.
It was like an older brother who was somehow old and dependable.
It didn’t bore us anyway.

I think he often observed the players.

~ And Triple Crown ~

Just one year after Toshinori came to us, we achieved the triple crown.

But Inter Hai often talks with Toshinori that he wasn’t that sweet.

Kokushikan battle in the final.

(Sagami)-(Kokushikan)
 Anai×Sato ○ Haga-Tanaka
Toyota-Sumitani ○
 Fujii-Uesugi ○ ? Takagi-Haruyama?

With this feeling, I played against Haruyama after being reversed in the second half.

Anyway, I thought in my heart that I just desperately put out my own judo.

But even if I cut the last minute, I couldn’t get any points from Haruyama.
It was really well researched.

At the last 1 second, I was able to take advantage of Ouchikari, but after less than 5 seconds, even the countdown to victory from the Kokushikan supporters had begun.

Toshinori seniors often give me the moment.

At that time, the director of high school was Hiroki Takahashi.
Mr. Hayashida, who is the general manager, has to sit in the guest seat, can not see the game directly in the vicinity, and can not give advice, so senior Toshinori will come in between and the director will be a message from the manager Was doing

It seems that Mr. Toshinori did not give up until the end, but when Mr. Toshinori looked at Mr. Hayashida when he waited for the last 12 seconds when the match ended It seems that it was missing.

On the face of Mr. Hayashida, who I had never seen, senior Toshinori said that he could not speak.

My memory of that moment was, “The match will end if this continues! Something must be done at the end! I remember being impatient. And it was a feeling that my foot that I just happened to have caught up with Haruyama’s foot.

I’m probably not talking to anyone in the future episode, so I think only I know it, but in fact, at the time of research by Toshinori-senpai, there are many ways to practice Judo. ] I learned. It is the foundation of my current judo.

That’s why, during the practice at the time, sometimes I was really whimsical and I was doing [practice to throw in the last 1 second] 😅

I don’t think I could have aimed for it in the game at all. .. ..

The body may have moved naturally in response to the remaining time.

Daily practice is important.

I learned too much from my senior Toshinori.
Currently, Toshinori started a Judowear company, flying around the world and delivering Judowear to children doing Judo all over the world.

If I get permission from Australia, I definitely want to wear the Judo uniform I made by Toshinori-senpai at the international competition 😊