対人競技の魅力

対人競技の魅力

①相手(パートナー)がいる。

②自分1人が頑張るだけで成績・結果が良くなるものではない。

③正解やゴールがない。

【主な対人競技の例】

・野球

・サッカー

・ラグビー

・柔道

・ボクシング

・レスリング

・テニス

・バレーボール

など。

【対人競技ではない種目の例】

・水泳

・陸上

・体操

・パワーリフティング

・アーチェリー

・フィギュアスケート

など。

僕の分かる範囲で分けてみました。

では①から説明したいと思います。

(僕は柔道選手なので柔道をモデルに記事を書きます)

↓↓↓

《①相手(パートナー)がいる。》

柔道は1人ではできないスポーツです。厳しい言い方をすれば、自分がどれだけハードなトレーニングを毎日追い込んだとしても、1回戦の開始10秒くらいで一本負けしてしまえばそれで試合が終了です。

常に『自分との戦い』&『相手との戦い』

なので人一倍、対応力や考える力が養われます。あと精神力も鍛えられます。

②自分1人が頑張るだけで成績・結果が良くなるものではない。》

①と若干リンクしますが、対人競技って主に勝敗がつくものが多いのが特徴です。

勝ち負けがハッキリと結果で出るので、見ていて気持ちが良いですね。プレイヤー側も【優勝】または【チャンピオン】を目指して競技と向き合っていると思うので人として大事な様々な要素が鍛えられます。

③正解やゴールがない。》

大会で優勝するなどの目標や夢を達成したけど、自分の中では試合内容が納得いかなかった経験などよくあります。

また、逆も然り。

優勝はできなかったけど、自分の中では最高のパフォーマンスが出せたという経験もあると思います。

自分の考え方や捉え方によっていくらでも価値観が変化します。

先日の記事でも紹介させていただいた、僕の高校時代の恩師である林田和孝先生からはよくこういう話をされました。

〜柔道と野球を例に出して〜

『お前達は柔道をやっている。柔道の試合というのは常に、野球でいう〈9回裏・フルカウント・満塁・自分が一発ヒットを打てばチームが逆転〉の状態なんです。

その状態でバッターボックスに入ったら誰でも震えるだろ。柔道の試合は1試合目から、その極限状態を毎回味わえる。だから競技として価値があるんです。』

本当に僕もそうだと思う。

そして僕はこの話をしてもらってから柔道という素晴らしい競技をやっていて良かったと心から思えるようになりました。

The appeal of interpersonal competition

 The appeal of interpersonal competition

 ① There is a partner.

 ②It is not enough for one person to do their best to improve the grades and results.

 ③ There is no correct answer or goal.

 [Examples of main interpersonal competitions]

 ·baseball

 ·Football

 ·rugby

 ·judo

 ·boxing

 ·wrestling

 ·tennis

 ·volleyball

 Such.

 [Examples of non-personal competitions]

 ·swimming

 ·land

 ・ Gymnastics

 ・ Power lifting

 ·archery

 ·Figure skating

 Such.

 I divided it within the range that I can understand.

 Then I would like to explain from ①.

 (Because I’m a judo player, I write articles based on judo)

 ↓↓↓

 《① There is a partner.  》

 Judo is a sport that one person cannot do.  To say it tough, no matter how hard you try to train every day, if you lose one at the start of the first round in about 10 seconds, the match is over.

 Always “Battle with me” & “Battle with the other party”

 Therefore, you will be able to develop your ability to respond and think more than any other person.  You can also train your mental strength.

 《② Only one person doing their best does not improve the results and results.  》

 Although it is linked to (1), there are many things that mainly win or lose in interpersonal competition.

 It’s a good feeling to see because the wins and losses are clearly shown.  I think that the player side is facing the competition with the aim of becoming the [winner] or [champion], so various important factors can be trained as a person.

 《③There is no correct answer or goal.  》

 Although I have achieved my goals and dreams such as winning the tournament, I often find myself not satisfied with the content of the game.

 The reverse is also true.

 I couldn’t win, but I think I have the best performance in my life.

 Values ​​change as much as you think and how you think.

 My teacher, Kazutaka Hayashida, who I introduced in the article the other day, often told me this.

 ~ Taking judo and baseball as an example ~

 “You are doing judo.  Judo games are always in the state of baseball <9th bottom, full count, full base, if you hit one shot, the team will be reversed>.

 If you enter the batter’s box in that state, anyone will shake.  From the first game of Judo, you can enjoy the extreme conditions every time.  That’s why it’s valuable as a competition.  ]

 I think so too.

 And since I was told this story, I started to feel that it was good to have been playing a wonderful competition called judo.