21.幼少期の思い出①

幼少期の思い出①

〜とにかく泣き虫だった保育園時代〜

僕の地元は神奈川県川崎市の柿生という町です。オーストラリアで生まれてからすぐに柿生に引っ越してきました。

母子家庭だったこともあり、帰国後すぐに保育園に入りました。

当時住んでいた家と保育園との距離が100mくらいしかなくて、保育園に入りたての僕は母親と離れるのが嫌過ぎて泣き叫んでいた声がデカすぎて自分の家まで聞こえていたそうです。

当時は周りにハーフの子供がそんなにいなくて、保育園の先生に『かわいいからリボンつけてあげる』と言われて、その頃、特撮ヒーローにハマっていた僕は嫌すぎてまた泣きびました。(その時代はカクレンジャーかな)

〜好きなことを制限された思い出〜

今の年齢になっても覚えていることは、自分がやりたいこととか、周囲の子供達が遊んでいる遊びなどをあまりやらせてもらえなかったのを覚えています。

特にゲームなどは最終的に買ってくれましたがどう考えても今ブーム終わってるでしょ。みたいな時に遅れて手に入るみたいな感じでした。

だからよく友達の家に遊びにいっていました。

実家に帰ってもなんにもやることがなくてつまらなかった記憶があります。

あと悲しかったのは、夏休みに入り、同級生みんなで近くのプールに行こうという話になった際、僕だけ連れていってもらえず、母親に『頼むからみんなとプールに連れて行ってくれ』と号泣して頼んだけど『お金がない』という理由で拒否されたことです😂

最終的には仲良しだった同級生の父親が『海帆も一緒に行こう』と誘ってくれて行くことができました。最高に楽しかったのを今でも覚えています。

ですが、今の年齢になっても鮮明に覚えているということは当時ショックがデカすぎて完全にトラウマになっています。

(今の年齢になってしっかり反動が来ているのであまり子供のやりたいことを制限し過ぎるのはオススメしません。)

〜よく外に出される〜

僕は柿生駅前のマンションに住んでいたのですが、何か悪さをするとすぐに母親にマンションの外に出されていました。

しかも怒られていて、それがヒートアップしてくると外に出されるのですが、その瞬間に怒られている格好のまま外に出されます。

だから僕がパンツ一丁で母親の怒りがヒートアップしてしまったらもちろんそのまま外に出されます。そして鍵をかけてしまうので、なかなか入ることができません。

1番ひどかったのは冬場にパンツ一丁で出された時です。

家の階段の前にボケーっと座っていると、上の階から降りてきた住民の方に『大丈夫?警察呼ぼうか?』と心配されました。

僕はめっちゃスマイルで『大丈夫です!』と答えました。

ですが僕も最後の方は外に出されることに慣れてきて、出された瞬間に一個下のマンションの管理人さんの家に入れてもらい、ゆったりとくつろいでいました。

ホント当時住んでいたマンションの方にはたくさん迷惑かけてごめんなさい。

今となっては良い思い出とは言えませんが、母親が厳しく育ててくれたおかげで、ピンチとか逆境に強い人間になったのかもしれません。

信じるか信じないかはアナタ次第です。

○ Memories of childhood

Memories of childhood

~ Anyway, I was a crying nursery school ~

My hometown is Kakiu in Kawasaki City, Kanagawa Prefecture. Immediately after I was born in Australia, I moved to Kakio.

Since I was a mother and child family, I entered a nursery school immediately after returning to Japan.

The distance between my home where I lived at that time and the nursery school was only about 100m, and when I entered the nursery school, I didn’t want to leave my mother so much that the crying voice was too big and I could hear my own. ..

At that time, there weren’t so many half-sized children around me, and my nursery school teacher told me, “I’ll give you a ribbon because it’s so cute.” At that time, I was addicted to a special effects hero and I cried again because I hated it. (Is it a Kakurenger at that time)

~ Memories restricted to what you like ~

What I remember at my current age is that I couldn’t do much about what I wanted to do or what the children around me were playing.

In particular, I bought the games and so on, but no matter how I think about it, the boom is over. I felt like I could get it later.
So I used to go to my friend’s house.
I remember that when I got home, I didn’t do anything and it was boring.

I was also sad to say that when I was on summer vacation and when all the classmates talked about going to a nearby pool, I couldn’t take him alone, my mother said,’I’ll ask, take me to the pool.’ I cried and asked, but it was rejected because I had no money 😂

In the end, my classmate’s father, who was a good friend, invited me to go with Kaiho as well. I still remember having the best fun.

However, the fact that I remember it clearly even at my current age was completely traumatic because the shock was too big at the time.

(It is not recommended to limit the children’s wishes too much, as the current age is showing a strong reaction.)

~I often get out~

I lived in a mansion in front of Kakio station, but as soon as I did something wrong my mother was out of the mansion.

Moreover, when I am angry and it heats up, I’m taken out, but I’m going out as it is now angry.
So, if I get angry with my pants and my mother’s anger heats up, of course I will be taken out. And because it locks, I can’t enter easily.

The worst part was when I was served with a pair of pants in winter.
When I was sitting in front of the stairs of my house, I asked the residents who came down from the upper floor, “Are you okay? Should I call the police? I was worried.
I was really smile and said “OK! 』I answered.

However, the last person also got used to going out, and at the moment I was taken out, I had them enter the house of the manager of the apartment one below, and I was at home.

I’m sorry to bother you for the apartment that lived at that time.

It’s not a good memory now, but maybe it was because of my mother’s strict upbringing that she became a strong person in a pinch or adversity.

Whether you believe or not depends on you.