48.自己満足の稽古

自己満足の稽古

《~はじめ~》

・自己満足の稽古しかしていないと試合で勝てない

・練習中に気持ち良くなって終わり

《~せつめい~》

【自己満足の稽古しかしていないと試合で勝てない・練習中に気持ち良くなって終わり】

東海大相模の時代

よく林田先生に

「お前の練習はマスターベーションと一緒だ」

と言われている先輩がいました

当時中学生だった僕は

マスターベーションという言葉にばかり反応してしまっていましたが

今思うと林田先生はこんな時に

この言葉を使っていたのだと理解しています

↓↓↓

【例】

・試合で勝つ目的で練習できていない選手

・弱い選手を毎日ただ投げることしかしない選手

・本当に何も考えていない選手

こういう人はやはり試合でも結果はあまりついてきていませんでした

そういう人は試合で負けたその瞬間はすごい悔しがります

みんなの前でも次に向けた課題を話すときに結構よさげなことも言います

でもいざ練習の時間になったら

また上記の【例】のような練習の繰り返し

そしてまた試合で負けてすごい悔しがる。。。

これだと結構時間の無駄ですよね

僕は別に試合で負けてもそんなにみんなの前で

悔しがる必要とかないと思っています

自分の中でしっかり受け止めておけばいい

たまに試合で負けて

「お前本当に悔しいと思っているのか?」

みたいにこちらの感情にまで足を踏み込んで

聞いてくる人がいましたが

本当うっとうしいので黙っててくださいって感じです

むしろ一生懸命やったなら胸を張って

「全力尽くしたけど負けました!」

で全然いい

問題なのは試合で出た課題としっかり向き合えていないことです

しっかり課題と向き合って

自分が同じ失敗しないように

頭を使って考える

そして次に試合で勝つために必要な練習をする

これってそんなに難しいことじゃないです

例えば

彼女にフラれてしまって

自分の何がいけなかったんだろうって考えて

次はフラれないように対策を考えて努力しますよね

これと一緒です

『試合に出る→課題が出る→課題を頭で整理→練習→試合に出る』

この繰り返しがしっかりできたら

確実にレベルはアップします

確実にレベルはアップしますけど

柔道競技の面白いところが他にあって

頭でそんなに考えなくても

センスが良かったり身体能力が高かったり

練習量がものすごかったり

ポテンシャルが人並み外れたところがあると

そういう選手も試合で勝てます

僕は残念ながら運動神経もあまりよくなく

スポーツ苦手な方だったので

頭を使って試合で勝つための手段を考えるようになりました

ただ一つどんな強い選手にも共通していえることは

『執念』

でしょうか

やはり心の面が一番大事かもしれませんね😊

《~おしまい~》

Self-satisfaction training

 《~Beginning~》

 You can’t win the match unless you practice your self-satisfaction

 I feel good during practice and end

 《~ Explanation~》

 [You cannot win a match unless you practice your self-satisfaction.

 I feel good during practice and finish]

 Tokai University Sagami 

 Often to Mr. Hayashida

 “Your practice is the same as masturbation”

 There was a senior who was said to be

 I was a junior high school student at that time

 I was just reacting to the word masturbation

 Thinking now, Mr. Hayashida

 I understand that I was using this word

 ↓↓↓

 [Example]

 ・Players who have not practiced for the purpose of winning the game

 ・Players who only throw weak players every day

 ・Players who are not really thinking

 People like this didn’t really follow the results in the match.

 Such a person feels great regret at the moment they lose the match

 I also say that it’s quite nice to talk about the next task in front of everyone

 But when it’s time to practice

 Also, repeat the exercises as shown above.

 And I’m very sorry to lose the match again.  ..  ..

 This is a waste of time.

 Even if I lose in a match, in front of everyone so much

 I don’t think you need to regret it

 You should take it firmly in yourself

 Sometimes you lose in a match

 “Do you really feel frustrated?”

 Like this, step into this emotion

 Some people asked me

 It’s really annoying, so I feel like shutting up

 Rather, if you try hard

 “I tried my best but lost!”

 Is so good

 The problem is that we aren’t properly facing the challenges we’ve seen in the match

 Face the challenges firmly

 Don’t make the same mistake

 Think with your head

 And then do the necessary practice to win the match

 This is not so difficult

 For example

 I got humbled by her

 Wondering what was wrong with me

 Next time, I’ll try to think about measures so that I won’t be distracted.

 Is with this

 “Go to the match →assignments →organize tasks in the head →practice →enter the match”

 If you can repeat this firmly

 Certainly the level will increase

 I’m sure the level will improve

 There are other interesting aspects of Judo competition

 Without thinking so much in my head

 Good sense and high physical ability

 The amount of practice is tremendous

 If the potential is out of the ordinary

 Such players can also win the game

 I’m afraid my motor skills are not so good

 Because I was not good at sports

 I started thinking about ways to use my head to win matches

 The only thing common to any strong player is

“Obsession”

 Is not it

 After all the mental aspect may be the most important 😊

 《~End~》