【もし今心が辛い人がいたら読んでみてください】

僕は高校時代〜大学時代、ほぼ全ての国内の大会で優勝しました。10回以上、全国大会での優勝を仲間達と経験したし、インターハイ個人戦では山下泰裕先生以来の高校1年生での優勝を経験しました。日本代表としても2度世界選手権に出場して、19歳〜25歳まで戦いました。このまま自分はオリンピックにいけるものだと思っていました。

僕は今年で30歳を迎えます。

今はオーストラリアの国の代表として誇りを持って柔道を続けています。

ですが、

1度もオリンピックには出場していません。

1度も世界チャンピオンにもなったことはありません。

結論として僕が言いたいことは

〔過去の結果なんてなにも関係ない〕

ということです。

今、自粛生活をする中で自分の目標や夢と、どうやって向き合えばいいのか分からない人が多いと思います。

ちなみに、僕が国の代表を日本からオーストラリアに変えたときに、3年間の国際大会への出場禁止という措置がとられました。僕は25歳から28歳の間の3年間、国際大会の畳で、自分の夢や目標に向かって力を試す場を一切与えられませんでした。

でも僕は現在、オリンピックに出て優勝するという目的を持って日々生活しています。

世界チャンピオンにもなりたい!

僕が1番大事だと思うことは

〔今をどう生きるか〕

だと思っています。

現実を受け入れることができないときもある。目を背けたくなるようなこともある。

毎日が辛くて心の整理ができない。

これ以上、ドン底に落ちたと思ったところからもっとドン底に落ちるときもある。

自分を信じることができない。

それでいいと思う。

全然問題ない。

その湧いてくる気持ちに反発なんてしなくていいと思う。

その気持ちと向き合いながら毎日を過ごそう

スポーツでも、どんな分野でも、全員が1番になれる世界じゃなくても、自分が勝手に自分のことを1番だと思って過ごせたなら、その1日は最高なんじゃないかな。

だから僕だって、まだまだ夢の途中です。

毎日過ぎていく1日と向き合って、今できることをやるだけ!!!

【If you have a hard time now, please read it】

 From high school to college, I won almost all domestic competitions.  I have won the national championship more than 10 times with my colleagues, and I have also won the first year of high school since Yasuhiro Yamashita in the inter-high individual competition.  As a representative of Japan, I participated in the World Championship twice and fought from 19 to 25 years old.  I thought that I could go to the Olympics as it is.

 I will be 30 years old this year.

 As a representative of Australia, I am proud of my judo practice.

 but,

 I have never participated in the Olympics.

 I have never been a world champion.

 In conclusion, what I mean

 [Past results have nothing to do with it]

 about it.

 Nowadays, I think that many people do not know how to deal with their goals and dreams while living a self-restraint.

 By the way, when I changed the national representative from Japan to Australia, I was banned from participating in the international competition for three years.  For three years, between the ages of 25 and 28, I couldn’t give me any place to test my strength toward my dreams and goals at the tatami of the international convention.

 But now I live every day with the goal of winning the Olympics and winning the championship.

 I want to be a world champion!

 What I think is the most important

 [How to live now]

 I think it is.

 There are times when we cannot accept the reality.  Sometimes you want to turn your eyes away.

 Every day is hard and I can’t organize my heart.

 There are times when I feel that I have fallen to the bottom of the don’s floor more than that.

 I can’t believe in myself.

 That’s fine.

 No problem.

 You don’t have to repel the feelings that spring up.

 Let’s spend every day facing that feeling

 Even if it’s not a world where everyone can be No. 1 in sports or any field, if I could spend myself thinking that I was No. 1 then that day would be the best.

 So I’m still in the middle of my dream.

 Just face the days passing by every day and do what you can do now!  !  !