17.〜柔道が人気な国の特徴〜

柔道が人気の国の特徴

①試合会場に子供達が異様に多い。

②開催国の選手以外でも美しい勝ち方をした選手がいたら会場全体でその選手を応援してくれる。

【例】

(2020パリ・グランドスラムにおいてリネール選手に影浦選手が勝った後、会場全体が応援していた)

〜①試合会場に異様に子供が多い〜

これは去年、僕がイスラエルのグランプリに出場した時に感じました。

試合を終えて控え室に戻る選手をイスラエル人の子供達が待ち構えていて握手とサインを欲しがります。

また、観客席の最前列から小さな子供達がみんな身を乗り出して選手にハイタッチを求めていました。

こんなかんじ

僕はあまり技のキレがないので、ポンポン相手を投げるタイプじゃないのですが、その日は1回戦から大内刈がよく決まりました。

2回戦の畳に向かう途中、『あのオースラリア人は1回戦で大内刈で投げてた選手だ!』『オーストラリア!オーストラリア!』みたいな感じで子供達が応援してくれます。

本当にそう思っていたのか、確証はないですが😂

でも最後の3位決定戦の前もオーストラリアコールをしてくれましたね。

イスラエルの柔道選手って結構みんな技が上手なイメージがあります。

だから綺麗な技で相手を投げる選手のことがイスラエルの人はみんな好きなのかなと感じました。

あと、子供達が多いと試合会場の雰囲気が明るいし試合をしていて気持ちが良かったです😊

〜②開催国の選手以外でも美しい勝ち方をした選手がいたら会場全体でその選手を応援してくれる〜

これはパリのグランドスラムに出場すると感じます。

特に今年のリネール選手と影浦選手の対戦後は分かりやすかったです。

リネール選手が地元の国際大会で負けたことはフランスの人達は正直ショックが大きかったと思いますが、それ以降、影浦選手の試合が始まると会場の雰囲気が影浦選手にもっと試合させろー。という感じで、会場全体で後押ししてくれていたと本人も言っていました。

国によって温度差はもちろんあるけど、興味ない人も柔道を好きになってくれるようなパフォーマンスを出したいです💪

また競技に戻れるといいな😊

~ Characteristics of countries where judo is popular ~

 Characteristics of countries where judo is popular

 ① There are an unusually large number of children at the game venue.

 ② If there is a player who won a beautiful victory other than the host country, they will support that player throughout the venue.

 [Example]

 (After Kageura won the liner at 2020 Paris Grand Slam, the whole venue was supporting)

 ~ ① There are so many children at the match venue ~

 I felt this last year when I participated in the Grand Prix in Israel.

 Israeli children are waiting for a player to finish the game and return to the waiting room, wanting a handshake and a sign.

 In addition, all the small children leaned forward from the front row of the spectators’ seats and asked the players for a high five.

 like this

 I’m not very sharp, so I’m not the type to throw pompons, but on that day, Ouchikari was often decided from the first round.

 On the way to Tatami in the second round, “That Australian was the one who threw at Ouchikari in the first round!  The kids cheer you on, like “Australia! Australia!”.

 I’m not sure if I really thought so, but 😂

 All Judo players in Israel have the image that they are good at the technique.

 So I felt that all Israelites like the players who throw their opponents with beautiful techniques.

 Also, when there were many children, the atmosphere of the match venue was bright and I was comfortable playing the game 😊

 ~ ② If there is a player who won a beautiful victory other than the player of the host country, the whole venue will support that player ~

 I feel that this will take part in the Grand Slam in Paris.

 Especially after this year’s match between Riner and Kageura, it was easy to understand.

 I think it was a big shock to the French people that Rinaire lost at the local international tournament, but after that, when Kageura’s game started, the atmosphere of the venue should let Kageura play more.  With that feeling, he himself said that he was supporting the whole venue.

 Of course, there are differences in temperature depending on the country, but I would like to give performances that even people who are not interested will like judo 💪

 I hope I can return to the competition again 😊