13.長所と短所のハナシ

〜長所と短所のハナシ〜

①長所を伸ばして短所をカバー

②自分の長所と短所を知っておく

③バランスが大切

今日はこの3つについて解説していきたいと思います☝️

〜解説〜

①長所を伸ばして短所をカバー

必ず人には得意分野と不得意な分野があるものです。

柔道の技で例えると、『大内刈り』は得意だけど『背負い投げ』は苦手。

みたいな感じで。

僕はとにかく柔道のセンスが無かったので、対戦相手をいろんな技を使って投げることができませんでした。

高校3年生の時から『大内刈り』が得意技だったのですが、もっといろんな技ができないといけないのかな。と悩んでいました。

そんな時、僕の所属先の総監督である賀持さんに「自分の長所を伸ばしたら短所が消える」と、全日本の合宿中にアドバイスをもらいました。

そのアドバイスを高校3年生の時に聞いてから、迷いが消えて成績がガンガン上がりました。

もし得意技が何か1つある選手はそれだけで強みです。まさに長所。

その技でどんな対戦相手でも投げることができるように考えていくと、そのためには『どんな組み手』をした方がいいのか、『この技をフェイントにして別の技に入れるかも』

とかいろんな発想が出てくるので。

まずは自分の長所を見つけて、そこを突き抜けることをオススメします。

柔道だけに限らず。

②自分の長所と短所を知っておく

『知っておく』って結構このブログ内でたくさん出てきます。

長所って自身満々に『長所です!』て言えるけど、短所も同じことを言える人って少ないですよね。

もちろん短所を胸張って自慢はしなくていいと僕も思います。

でも短所を『見ないフリ』してしまうのはもったいないです。

そこも自分の個性の1つなので、あまりマイナスの面は気にしたくないという方は『知っておく』だけで自分が迷ったときに、『これは短所だから無理して伸ばさなくていいや』などの判断がスムーズにできるようになり、心を健康に過ごすことができます。

③バランスが大切

上2つで解説した通り、『長所が突き抜けた状態』&『短所を知っておく』これが実践できたらあとは最終段階の『長所と短所のバランスを取る』ことを意識します。

そうすると長所も短所もどちらもある程度生きてくれる状態が続くので、どちらの個性も殺すことなく力を発揮できます。

〜おしまい〜

Advantages and disadvantages

 〜Advantages and disadvantages〜

 ① Extend strengths and cover weaknesses

 ② Know your strengths and weaknesses

 ③ Balance is important

 Today I would like to explain about these three ☝️

 ~ Commentary ~

 ① Extend strengths and cover weaknesses

 There are always areas where people are good and weak.

 If you compare it with the judo technique, you are good at “Ouchikari” but not good at “Seoi nage”.

 Something like that.

 I had no sense of judo anyway, so I couldn’t throw my opponent at all with various techniques.

 I have been good at “Ouchikari” since I was in the 3rd year of high school, but I wonder if I should be able to do more.  I was worried.

 At that time, Mr. Kamochi, the general manager of my company, gave me advice during the training camp in Japan, saying, “If you improve your strengths, the weaknesses will disappear.”

 After hearing that advice when I was in the third year of high school, my doubts disappeared and my grades improved.

 If a player has one special skill, that is the only strength.  Exactly the advantage.

 Thinking that you can throw any opponent with that technique, in order to do so, what kind of Kumikata should be done, “I may make this technique a feint and put it in another technique”

 Because various ideas come up.

 First of all, I recommend finding your strengths and breaking through them.

 Not just judo.

 ② Know your strengths and weaknesses

 There are quite a lot of things you should know about in this blog.

 The merit is full of merit “It is merit!  I can say, but there are few people who can say the same with their disadvantages.

 Of course, I think it’s best not to brag about the weaknesses.

 But it is a waste to “pretend not to see” the disadvantages.

 This is also one of my personalities, so if you do not want to worry about the negative side, just know it and when you get lost, “This is a disadvantage and you do not have to forcibly extend it” etc.  You will be able to make a smooth decision, and you can keep your mind healthy.

 ③ Balance is important

 As I explained in the above two sections, “The strength is in a clear state” & “Knowing the weaknesses” If you can practice this, the final step is to “balance the strengths and weaknesses”.

 Then both strengths and weaknesses will continue to live to some extent, so you can exert your strength without killing either individuality.

 ~ End ~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA