12.精神的に強くなる方法

(I gave up because the English translation became complicated this time.  sorry.)

精神的に強くなる方法

【注意】

〜完全に海帆ルールなのでご注意ください〜

*オリジナル色が大変強い内容となっております。ラクな気持ちでご覧ください。

↓↓↓

①精神的なものをそもそも『強い・弱い』で分けることをやめる。

②精神的な強さ=『対応力』

③具体的な対処法

〜解説〜

 精神的なものをそもそも『強い・弱い』で分けるのをやめる。

人それぞれ気持ちの変化や考え方は無限大ですが、根本は同じ『人』。

あまり自分が精神的に弱い人間なんだと考え過ぎる必要はないです。

②精神的な強さ=『対応力。』

周囲から『精神的に強い』と思われている方は自分なりのストレスの逃し方や対応の仕方が絶対にあります。

それって言い換えると、ストレスが自分に降りかかった瞬間にどういった行動を取るのがベストなのか選べる人ということです。

精神的なダメージから自分を守る術を持っているということ。

それって精神的な強さというより、ストレスに対してどう処理するのか『頭を使って』考えることができている訳です。

『考え方』とか『考える力』の問題ですよね。

例えば、世界中の『人』が頭を使うことをやめて、全員に平等のストレスを同じ分だけ与え続けたら、たぶんみんな、だいたい同じくらいのスピードでパンクすると思います。

なので自分だけ精神的に辛いのだと思い過ぎなくて大丈夫です。

③具体的な対処法

現在、精神的に辛いと感じている方は、なぜいま辛いのか。

原因は一体なんなのか『紙に書き出す』ことを強くオススメします。

精神的に辛い人は『頭では考えているけれども頭ではもう処理しきれない』ことが多いです。

これをすることによって頭で処理しきれない情報を目で見て『視覚』から情報を受け取れます。

そのまま紙の上で今後どうすれば良いのか作戦も立てることができます。

自分の頭にインプットされているものを紙の上にアウトプットしてください。

〜解説終了〜

この記事を読んで少しでも気持ちが軽くなった方がいれば嬉しいです。