弱い選手が強い選手になる方法

弱い選手が強い選手になる方法

①試合で勝っている選手の真似をしまくる。

②強い選手とどんどん練習する。

③自分の試合を徹底的に映像で見て研究する

④『強くなる』&『上手くなる』ために練習するのではなく『試合で勝つ』ために特化して練習する。

⑤シンプルに、誰よりも考えて練習量でも他に負けない。→執念を育てる

【上から順番に説明していきます】

『① 試合で勝っている選手の真似をしまくる。』

《実際に僕がやっていたこと》

⑴まず何を得意技にしたいのか1つ決める。

⑵その得意技で投げているトップ選手の試合見て研究する。

【例】井上康生選手の大内刈り

⑶自分がなるべく投げることができる相手と練習して、その技で投げる感覚を覚える。

この3つです。なんか文字にすると簡単そうですよね。(1)なんて今からでもできますよ。

僕がこれを実践したのが高校2年生のインターハイの個人戦でベスト8で負けてからです。本当に立ち技で相手を投げる技が無くて、柔道のセンスも無かった僕は、誰かの真似ならできるのではないかと思って実践していました。

技作りって時間が掛かるイメージがあると思いますけど、上記の手順なら割と1週間くらいで技って完成しますよ。ちなみに僕は今もフツーにこれやってます。

『② 強い選手とどんどん練習する。』

メリット

強さを肌で感じることができる。

【例】インターハイで優勝している選手と練習する→その選手に仮に1回も投げられなかったとする→インターハイ優勝した選手に投げられない実力はあるんだと確認できる。→自信も出て毎日楽しくなるし、自分が大体どれくらいのレベルの選手なのか知ることができる。

僕がこれを実践したのは大学1年生くらいからです。当時、世界選手権の階級別の代表が1人→2人にルール改正されました。

当時、穴井隆将選手と僕が-100kgの代表だったのですが穴井選手は全日本チャンピオンで、僕は高校生上がりの19歳で、実力の差は歴然でした。

その当時の全日本合宿が月に1回のペースで天理大学で開催されていたので、毎日穴井選手と練習をして、まずは簡単に投げられないように意識して稽古していました。

最初はボコボコにされていましたが、合宿の後半には投げられないレベルにはなっていたと思います。

試合では2度対戦して、1回目は一本負けでしたけど、2回目は指導負けでした。(勝ってない。。。)でも全日本チャンピオンと結構フツーに試合ができるレベルにはなりましたよ。

『③自分の試合を徹底的に映像で見て研究する』

これは今の時代だと普通ですかね。

YouTubeとかいくらでもあるし。

僕は親が試合に応援に来てくれた際、どんな小さい試合でも必ず試合の映像をビデオで撮影してもらいDVDにやいてもらっていました。

【100回の練習〈 1回の試合】なので。

それを見ながらメモをとって、次の練習の時に試す。というのを繰り返していました。

『④ 『強くなる』&『上手くなる』ために練習するのではなく『試合で勝つ』ために特化して練習する。』

【悪い例】

⑴いつも何も考えないで道場にきてきつい練習して終わり。

⑵自分がきつい練習をしていることに酔っている。

⑶投げた・投げられたでその瞬間の快感を感じて終わり。

【良い例】

⑴今日の練習で1回も立ち技で相手を投げることはできなかったけど、今練習中の、試合の時に使いたいと思っている寝技で相手を1回押さえるができた。

⑵相手を投げるまでに、これだけ消極的だと試合で指導が来てしまうから、攻めるスピードが上がるように組み手のスピードを上げてみよう。

⑶試合で先にポイントをリードした場面だとこんなに無理して攻めなくていいから、相手が掛けてきた技を返す練習をしよう。

あくまで僕が実践していたことなので、これが全て良いとは思っていません。

ただ僕は大学1年〜今まで、ずーっとこういったことを意識しながら練習してます。

『⑤シンプルに、誰よりも考えて練習量でも他に負けない。執念を育てる』

これはもうその人の気合いです!

強くなりたい人は頑張ってください!

5つくらい紹介させてもらいました。

僕は本当に柔道の基礎も無くて、センスも無くてめっちゃ弱かったので、なんとか強い選手になれるようにいろいろ考えて工夫していました。

ただ強くなる方法っていろんな選手がいたらその数だけ方法はあると思うので、先生に教わったり、何か情報を得たときには、なんかしっくり来たなと自分が感じたものを選べばいいと思います😊

 How weak players become strong players

 How a weak player becomes a strong player

 ① Imitate the player who is winning the game.

 ② Practice more and more with strong players.

 ③ Thoroughly study your own game with video

 ④ Rather than practicing to “become stronger” and “become better”, practice specifically to “win in a match”.

 ⑤ Simple, think better than anyone, and do not lose to the amount of practice.  → Raise obsession

 [I will explain from top to bottom]

 “(1) I will imitate the player who is winning the game.  ]

 <What I was actually doing>

 ⑴ First, decide what you want to do.

 ⑵ Research by watching the game of the top player throwing with his specialty.

 [Example] Kosei Inoue’s Ouchi Mowing

 ⑶ Practice with an opponent who can throw as much as you can, and learn the feeling of throwing with that technique.

 These three.  It seems to be easy if it is written in something.  (1) You can do it now.

 I practiced this after losing in the best 8 in the inter-school individual game of the second year of high school.  I didn’t really have the ability to stand and throw the opponent, and I had no sense of judo, so I was thinking that I could imitate someone and practice.

 I think there is an image that it takes time to make a technique, but with the above procedure it will take about a week to complete it.  By the way, I am still doing this.

 “② Practice more and more with strong players.  ]

 Benefits ↓

 I practiced this from about the first year of college.

At that time, the rules of the world championships by rank were revised to two.

 At that time, Takamasa Anai and I were the representatives of -100 kg, but Anai was the all-Japan champion and I was 19 years old when I was in high school, and the difference in ability was obvious.

 At that time, the all-Japan training camp was held once a month at Tenri University, so I practiced with Anai every day, and first I was practicing so I couldn’t throw it easily.

 At first, it was rugged, but I think it was a level that I could not throw in the second half of the camp.

 I played twice in the match, and the first one lost one, but the second lost the instruction.  (I haven’t won …) But I’ve reached a level where I can play quite a bit with the All Japan Champion.

 “(3) Study your game thoroughly by watching videos”

 Is this normal in the present era?

 It’s also YouTube.

 Whenever my parents come to support me in a match, I ask them to film a video of the match in every small match.  I had it on DVD.

 [100 times of practice <1 match].

 While watching it, take notes and try it during the next exercise.  I was repeating that.

 Instead of practicing to “④“ become stronger ”and“ become better ”, practice specifically to“ win in a match ”.  ]

 【bad example】

 ⑴ Don’t always think about anything, practice hard at the dojo and finish.

 ⑵ I am drunk that I am practicing hard.

 ⑶Throwed / Thrown, I feel the pleasure of the moment and end.

 [Good example]

 ⑴ I couldn’t throw the opponent by standing technique even once in today’s practice, but I was able to hold down the opponent once with the Newaza technique I want to use at the time of the game.

 ⑵ If you are so passive, you will probably receive Shido in the game before you throw your opponent, so let’s increase the speed of the kumite so that you can attack faster.

 ⑶ If you are the one who leads the point in the match first, you don’t have to push it so hard, so let’s practice returning the technique that the opponent has applied.

 I don’t think this is all good, as I was just practicing it.

 However, I have been practicing from the first year of university until now, keeping in mind all these things.

 “⑤ Simple, think better than anyone and do not lose to the practice amount.  → Raise tenacity

 This is the person’s spirit!

 If you want to be strong, do your best!

 I introduced about 5 of them.

 I really had no basics of judo and had no sense, so I was very weak, so I was thinking and devising various ways to become a strong player.

 I think that there are as many ways as there are athletes that can be strong, so when I was taught by a teacher or when I got some information, I think that I should choose something that I feel is comfortable  😊

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA