6.大怪我との向き合い方

大怪我との向き合い方

[知っておいた方が良いこと]

①大怪我をするとその箇所の状態は元の感覚に戻すのはほぼ不可能。

②怪我をした箇所と違う場所の怪我のリスクも高まる。

③怪我をした箇所の怖さが最低限抜けるまでは、試合において結果を出すことは無理ではないが、相当困難。

④必ずしも大怪我をしたからといって今後試合で勝てないとは限らない。

⑤体の状態は良くはならないが、現状を受け入れて自分のパフォーマンスに上手くなじませることができれば、必ずもう一度試合で結果を出せるようになる。

僕は2010年の世界選手権で右肩を1度、亜脱臼してから怪我が多い選手になりました。

《今まで僕が経験した大きな怪我》

*右膝の前十字靭帯の再建手術×2

*左肩の亜脱臼

*左膝の内側靭帯損傷

*左膝の後十字靭帯損傷

*右手薬指剥離骨折

まだまだありますが

ちょっと気分が悪くなってきたのでこのへんでやめておきます😅

怪我って気をつけていてもしてしまうときはしてしまう。

でも怪我をしてしまったら悔しいですが自分のせいなんですよね。

競技に復帰できるのか本当に不安でした。

でもそれから術後、初めて試合で優勝できたときは最高に嬉しかったのと、充実感に満たされた気持ちを覚えています。

僕は術後1年半かかりましたが〈講道館杯〉←(柔道体重別日本一を決める大会)で優勝した時が1番嬉しかったです。

もう一度復活できたことを今になって分析するとすごいシンプルなんですけど、

練習の【量より質】を求めました。

怪我した後ってどうしても今まで練習ができなかった分を取り戻そうと思ってしまって練習量を求めてしまいがちです。

実際僕もそうでした。

ですがそれだと試合で勝つためのパフォーマンスには全然届かなかった。

ですが大事な試合が近づき、試合に近い状態をイメージして練習を始めときに、自分の満足いく動きに近づいていることに気付きました。

試合に近い状態ってもう少し分かりやすく言うと

【ものすごく集中している状態】

です。

なので

強い集中力&勝ちたいという執念

が上手くかみ合ってから、僕はどんどんパフォーマンスが上がっていきました。

もし怪我をされて苦しんでいる人がいたらこんな復活の仕方もあるのかと少しでも参考になれば嬉しいです。

 How to face a serious injury

 [Things you should know]

 ①When a serious injury occurs, it is almost impossible to restore the original condition.

 ②The risk of injury in a place different from the injured place also increases.

 ③It is not impossible to produce results in the match until the fear of the injured part has been eliminated, but it is quite difficult.

 ④Just because you have been seriously injured does not mean that you cannot win a match in the future.

 ⑤Your physical condition will not improve, but if you can accept the current situation and adapt to your performance, you will be able to make another result in the match.

 I became a player with many injuries after sub-dislocation once in my right shoulder at the 2010 World Championships.

 《Large injuries I have experienced up to now》

 * 2 reconstruction surgery of the anterior cruciate ligament of the right knee

 * Subluxation on the left shoulder

 * Medial ligament injury of the left knee

 * Posterior cruciate ligament injury on the left knee

 * Right finger ring peeling fracture

 There are many more

 I’m feeling a little sick, so I’ll stop here 😅

 Even if you are careful and injured, if you do it, you will.

 But I’m sorry if I got hurt, but it’s my fault.

 I was really worried if I could return to the competition.

 But after that, I remember that I was very happy when I was able to win the first match after surgery, and I was satisfied with the sense of fulfillment.

 It took me two years after the surgery, but I was most happy when I won the <Kodokan Cup> ← (the competition that decides the best Judo weight in Japan).

 It’s really simple to analyze that I was able to revive again, but

 I asked for “quality rather than quantity” of practice.

 After getting injured, I tend to try to recover what I couldn’t practice until now and tend to ask for the amount of practice.

 Actually I was the same.

 But with that, I didn’t reach the performance to win the match at all.

 However, when an important game was approaching and I started practicing in the image of a state close to the game, I realized that I was getting closer to my satisfaction.

 Even if it ’s close to the match,

 [A state of extreme concentration]

 is.

 So

 Strong concentration & obsession to win

 I was able to get better and better performance after I engaged them well.

 I would be happy if it would be helpful if there was a person who was injured and suffered, as if there was a way to recover.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA