【自粛生活中必見】不安な毎日との向き合い方

・先のことはあまり考えないようにする。

(目の前の1日を過ごすことだけを考える。)

・目標はなるべく低く設定し、継続する。

(例:午前と午後にトレーニングをしていたのなら午前中だけにしてみる。など)

なかなか次の目標が決まらずモヤモヤするときは、今、目の前の瞬間にできることをとりあえずやってみよう。

飽きたら休もう。

休むことは甘えとか弱さじゃないです。

時には諦めも大事。

僕は3年間国際大会に出れなかったとき正直競技を辞めた方がいいのかと悩んだ時期もあったし、諦めたときもあった。

でも結局また戻ってこれた。

先のことを考えず目の前の毎日を過ごした結果です。

だいぶギリギリでしたが笑

[Must-see during self-restraint] How to deal with anxious days

・ Don’t think too much about the future.
(I only think of spending the day in front of me.)

・ Set the goal as low as possible and continue.
(Example: If you were training in the morning and afternoon, try only in the morning.)

If you have a hard time getting confused about your next goal, try doing what you can do right now.

Let’s rest when we get tired.

Resting isn’t spoiling or weaknesses.
Sometimes giving up is also important.

There were times when I was wondering if I should quit the competition when I couldn’t compete in the international competition for three years, and sometimes I gave up.

But in the end I came back again.

It is the result of spending every day in front of me without thinking about the future.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA